ローン中の車売却

車を売りたいけど・・・

ローンの支払いが終わっていない車は売る事が出来るのか?例えば、

ローン中の車を売りたい

 

他の車が欲しくなり、車を買い替えたい。
友人や知人に車を売りたい。
ローンの支払いが間に合わないから、車を売却したい。

 

このような時に車を売る事って出来るのでしょうか?よくローン中の車は売却できない…なんて事を耳にするんですが、本当に売る事が出来ないのか?もしそうなら何で売れないのか?

 

実際のところどうなのか調べてみました。

 

車の所有権

ローン中の車を売却する場合、車の所有者が誰になっているか?というのがポイントです。
カーローンで車を購入した場合、車の所有権がローン会社やディーラー名義になっている事がほとんどだと思います。

 

ローンの支払いが終わっていないので、書類上はローン会社・ディーラーに所有権があるという事になります。
ローンを全額支払い終わると、所有権も持ち主名義に代わるんですが、ローンを完済できるまでは所有権は変わりません。

 

すなわち、車を売りたいからと言って勝手に手放すことが出来ないといった事になるんです。ローンを返済するまでは所有権がローン会社・ディーラーにあるという訳ですからね。

 

どうしても車を売りたい場合

それでも、どうしても車を売却したいといった場合はどうするのがいいのか?
一番簡単で分かりやすいのが、残りのローンを全額完済する事です。ローンを完済すれば、車の所有権も自分名義になるので売却しようが廃車にしようが全く問題ありません。

 

でも肝心なのは、そのローンを一気に完済する方法ですよね。ローン残債が多いと一括で返済するのも難しいですよね。というか、支払う余裕があるのであれば最初から返済するはずです。

ローン中の車を売る方法

 

でも、ローンを返済しない事には一生車を売れない・・・(゚Д゚;)
このような時にお勧めなのが、カードローンの利用です。

 

カードローンで自動車ローンの支払いを立替えるといいでしょう。残りローンが100万円だとすれば、カードローンで100万円借りて自動車ローンを支払う。そうする事によって、車の所有権は自分名義となります。

 

今までと借入額は変わらないので、損してしまう・・・なんて事も無いと思います。そして、車を売却したお金でカードローンの返済に充てる事も出来ますし、新しく購入する車の資金にもなりますね。

 

ローン中の車を売却する場合は、カードローンでローン立替え方法を利用するのがいいですよ。
下記に、低金利で借入可能なカードローン会社を紹介しているので、そちらを参考にしてみて下さい(*^^)v

 

低金利カードローン

アコム
アコム
30日間の無利息期間

カードローンでまずお勧めなのがアコムのカードローンになります。アコムの場合、初めて利用する方は30日間無利息で利用する事が可能となっているのでお得です。
また、最短30分のスピード審査で即日融資も可能となっているので急ぎの時も便利ですね。24時間いつでも来店不要で申込する事が出来ますよ。

金利 4.7%〜18.0%
融資額 最大500万円
住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行
超低金利設定

住信SBIネット銀行から発行されているカードローンは、金利が1.99%〜7.99%と低金利設定となっているので、借入額が高額になる場合は金利の低い住信SBIネット銀行を利用するのがいいでしょう。
高額融資希望の方は住信SBIネット銀行を利用するのがお勧めです。

金利 1.99%〜7.99%
融資額 最大1,000万円
みずほ銀行
みずほ銀行
専業主婦でもOK!

みずほ銀行から発行されているカードローンもローンの組み替えにお勧めとなっています。誰もが知る大手銀行なので安心感も抜群ですし、商品内容も素晴らしいです。
みずほ銀行の口座をお持ちの方はWeb完結申込みの利用ができ、申込みがスムーズに行う事が出来ますよ。

金利 1.99%〜7.99%
融資額 最大1,000万円

カードローン利用時の注意点

カードローンは総量規制といった法律上、年収の3分の1までの額までしか借入する事が出来なくなっています。例えば、年収600万円の場合は最大でも200万円までしか借りる事が出来ません。

 

もし、自動車ローンの残債が200万円以上残っている場合は、カードローンで全額補えないという事になります。
カードローンは「年収の3分の1」まで、といった事を頭に入れたうえで利用しましょう。

 

 

残価設定型自動車ローンを利用中の場合はどうなるのか?

車を一定期間使用した後の推定下取額(据置額)を車両価格から差し引き、残りを分割払いするマイカーローンです。
あらかじめ、3年後・5年後などの下取り予定価格を差し引いた額でローンを組む事で、月々の負担を抑える事が最大のメリットですね。

 

では、残価設定型ローン中に車を売る事が出来るのか?といった点なんですが、こちらは通常ローンと同じように、売却する事は出来ません。
ローン中という事は、ローン会社やディーラー会社が所有権を持っている状態なので、勝手に売る事は出来ません。

 

残価設定型ローンを完済していれば、売却する事も可能ですが、ローン中の売却は難しくなっています。どうしても売却したいといった場合は、残りローンを完済させるしかないと思います。

 

 

車を売ると戻ってくるお金

車を売った場合、税金が戻ってくるのご存じですか?意外と知らない方が多いと思います。
毎年5月ごろになると、自動車税の納付書が届くと思います。普通車で3〜4万円ぐらいの税金を支払わなくてはなりません。

 

この自動車税なんですが、車を売却した場合に返却してもらう事が出来ます。どういう事かというと、毎年支払っている自動車税は4月から3月までの1年分を支払うようになっています。

 

もし、9月に車を売却したとしたら、1年分をまとめて支払っているので残りの6か月分の税金を多く支払ったという事になりますよね。

 

この多めに支払っている分の税金が還付され、戻ってくるという仕組みになっています。車を売却する際は、買取業者に還付される税金がいくらになるのか確認しておくといいですよ。

 

ちなみに、新車購入時や車検時に支払う自動車重量税なんですが、こちらは自動車税と違って戻ってくることがないんです。
新車時は3年・車検時は2年の重量税を先払いする仕組みになっているんですが、途中で売却したとしても残念ながら戻ってきません。